里親さん募集中の猫たち。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛知県動物保護管理センター
2014年10月29日 (水) | 編集 |


愛知県豊田市にある、動物保護管理センターの見学に行ってきました。


縮入り口


愛知県には4つの保護センターがあり、
ここが本所です。


縮動管マップ


豊田市にありますが、
豊田市、岡崎市、豊橋市と名古屋市は、
愛知県ではなく各市の保健所で業務を行っているので、
管轄には入っていません。

よって、豊田市で野良犬や野良猫を見てココへ電話しても、
保護は出来ないということですね。


業務としては、大まかにまとめると、

①飼い主の居ない犬猫の保護
②迷い犬猫の飼い主探し及び、新しい家族探し
③犬のしつけ教室やしつけに関する相談受付
④介在犬育成
⑤ふれあい教室
⑥特定動物の飼養制限
⑦殺処分


①~⑥までについて、詳細を知りたい方は 動物保護管理センター で確認してください。


今回は ⑦殺処分 について書きたいと思います。

25年度、
管轄内での猫の殺処分は840頭

うち、416頭はあま市を管轄する尾張支所が占めています。

尾張支所については
収容 51頭
引き取り 404頭
譲渡 39頭

ちなみに本所は
収容 58頭
引き取り 272頭
譲渡 113頭


数字では、支所は1/3の猫が譲渡されています。
そう見ると、尾張支所の譲渡の少なさたるや。

地域性は大きいと思います。
田舎は納屋や軒下などがある古い造りの家が多いので、
猫も繁殖しやすいし、街中に比べるとヘビやカエルなどもいるので生活しやすい。
「猫は外をウロウロしているもの」
「子猫は近所で生まれたらもらってくればいい」
という考えの年配者が多いのも、また事実。

そして、実際殺処分はしていなくても、
保護した時、あるいは持ち込まれた時には瀕死の状態で命を落とす。
といったケースもかなり多いようです。

いずれにしても、殺処分される猫たちの8割は子猫ということが、
センターの方の話でわかりました。


では、収容された猫たちはどういった環境に置かれるのでしょうか。

施設内も見学させて頂きました。



まず1階の入り口を入ると、エントランスには新しい家族の一員になった
犬や猫たちの幸せそうな写真が所狭しと貼ってあります。


縮その後報告


そして階段を上がり2階へ。

南側の日当たりがいい角部屋。
猫の譲渡を開始したのはほんの10年程前くらいで、
この施設が建った当初は猫は全て殺処分だったので、
猫を置く仕様のスペースがなく、
今は使っていない試験検査室を猫のエリアとして使っているそうです。


縮猫エリア入り口


ここには子猫成猫合わせて30頭ほど(もっとかも)の猫たちがケージに入っていました。

私達が部屋に入るとニャーニャーの大合唱で、
「はよ触れ」
「さぁ撫でろ」
と言わんばかりにケージに頭や体をグリグリ。

人懐っこく、性格もハナマルの子達ばかりなので、
ここにいる子は全て譲渡待ちの子達だそうです。

でも、大きな体で1つのケージに2頭ずつ。

こんなに懐っこくて、可愛い子たちが、
人間の腕の温かさを知らず、
猫じゃらしやおもちゃを追いかけて走る楽しさを知らず、
ただただ毎日を過ごしているだけ。

これが現実です。

縮譲渡待ち猫

試験検査室にギュウギュウにケージが詰め込まれています。



背中に「撫でろ~~~」の叫びを聞きながら、
後ろ髪を引かれる思いで次の部屋へ。



縮隔離部屋

縮隔離猫


隣は容態があまり良くない子達の隔離部屋になっていました。
やはりあまり元気がない子ばかりで、子猫が目立ちます。

部屋の外の廊下にも2頭、子猫が入ったケージが置かれていました。

1頭はまだ2ヶ月くらいのキジ。
一生懸命鳴いているのに声が出ません。

治療中とのことでした。


そして、そのお隣の部屋。


縮手術室

縮手術室内


手術室です。

避妊去勢、保護時に負っている負傷など、
全てここで職員が治療を行い、
民間の獣医を呼んだり、連れて行ったりはしないそうです。
案内をしてくれた小柄な女性の方も獣医師資格を持ってみえる方でした。



手術室を出るとガラス張りの渡り廊下があり、
「ここから奥は犬舎になるので履物を変えてください」
と白の長靴に履き替えました。



職員の方について廊下を進むと、


縮殺処分室

縮殺処分室2

縮殺処分室3


何の部屋かわかりますか?



行き場のない犬や猫は、ここで殺処分されます。

右からどんどん壁が迫ってきて、
最終的に二酸化炭素が出る部屋へ押し込まれ、
そこで殺処分されるのです。

息絶えた亡骸は穴から下の炉へ落とされ焼却されます。


縮殺処分機械


縮ドリームボックス

この右側に見える窓の下にあるのが、
最後の部屋です。

通称、なんと呼ばれているか知っていますか?


「ドリームボックス」


人間のエゴで生まれ、人間の勝手で殺されていくどこに夢なんてあるのか。

せめても「虹の橋」では幸せに ということでしょうか。

やりきれません。


本所は1週間に1回、愛知県内4つのセンターから選別された子達を、
まとめてここで殺処分しています。

本所他3つのセンターから殺処分される子達が乗ってくるトラックを、
「定期便」と呼んでいました。


もう言葉も出ません。






殺処分の部屋を出ると、消毒する場所を通って犬舎へ。


縮犬舎入り口消毒


縮犬舎2

縮犬舎

縮犬舎3


通路の右と左に分かれて、いくつもの檻がありました。

この時点ですでに犬の鳴き声はしていて、
空いた檻を両手に見ながら、突き当たりの壁が見えた頃、

左手にあった檻の中には、
雑種もいましたが、プードル、パグ、コーギー、シーズーといったような純血種もいました。
合わせて十数頭といったところでしょうか。

その檻には名札が付けられていました。


縮満了

引取・満了


死を待つ子達です。

今週の金曜日には、この子達の命はありません。
吼えることも、走り回ることも、じゃれあうことも、

もう出来ません。

あの殺処分室で、
あのドリームボックスで、

死んでいくのです。

今、私の目の前で生きてる命が、
数日で人間によって奪われてしまう。

犬達の顔を、直視できませんでした。



満了の檻の隣にも、同じような檻がありました。

縮抑留犬

抑留犬


飼い主が見つかれば帰れる子達です。

抑留期間は1週間。

それを過ぎたら満了の方へ移動します。

その後は、わかりますよね。



抑留犬の檻のそばにマイクロチップリーダーがありました。

縮マイクロチップリーダー

保護した子は、みんな調べるそうです。


マイクロチップが入っていない
飼い主も現れない
凶暴性が高い
老齢である
病気である


職員が様々な基準に沿って選別し、
この子は新しい飼い主を見つけられるか、
人間と共生できるか などを見定め、
命の選択をしていると説明を受けました。

事実、外には譲渡待ちの子犬や、
人間と暮らすためのトレーニングをしている成犬たちもいました。



犬舎を抜け、一番奥にあった部屋。

とても悪臭放つ部屋。


縮検便

検便待ちの猫たちを収容している檻です。

保護して間もないので、虫や感染症などを調べるため、
糞尿を下へ落とし採取できるよう、格子状の床になっており、
大き目のキャリーくらいの広さの檻へ入れられていました。

ここでもまたその猫の性格を見極め、
人間と共生できる子は譲渡待ちの部屋へ。
警戒心が強く、攻撃性の高い子は殺処分へ。




この日はとても天気が良く、
譲渡待ちの何頭かの犬が外で日向ぼっこをしていました。


縮日光浴犬舎

日向ぼっこ用の檻。



外をグルリと回って、中へ入った部屋にはキャリーがひとつ。

縮キャリートレーニング

中には犬が入っています。

震災や移動のときなどのために、キャリートレーニング中だそう。

これも人間と共生するための大切なトレーニングだそうです。


同じ部屋に、トリミングする場所もありました。

縮トリミング



本館はこれで全てです。



別館に、ふれあい館というのもありました。

縮ふれあい館外観

縮ふれあい館内観


ここは里親講習をしたり、ふれあい会や本所主催の譲渡会などをするそうです。
こちらの壁にも里親さんが決まった犬や猫の写真がいっぱい貼ってありました。




本所の外観。

縮本所外観

手前の黄色い建物が事務所で2階が猫エリア。

奥のコンクリート打ちの所からが犬舎と殺処分等の施設。




猫も犬も、本所が開いている時であればいつでも譲渡可能だそうです。

役場なので規定ももちろんあるし、審査もありますが、
本当に可愛い子達がたくさんいます。

それを知っている人がどれくらい居るでしょうか。

保護センターで譲渡待ちの子達【猫】

保護センターで譲渡待ちの子達【犬】

※本所以外はわかりませんが、私が見てきた譲渡を待っている子達の写真が犬も猫も全ッッ然載っていません。



この情報社会で、
ましてや犬や猫は命がかかってるのに、
なぜ、役所はもっと大々的にPRをしないんだ!!

もちろん言いましたけどね、職員の方には。


確かに殺処分数は年々下降傾向にはあります。

ただね、
言ってましたよ、やっぱり。

頑張って頑張って譲渡を増やして、殺処分数を減らして、
予算削減に貢献したら、
「よくやったな」
と次の年から予算を上乗せしてくれるのではなく、
「去年はこれだけで出来たんだから」
と余計減らされる と。

殺処分数が年々下降すればするほど、
予算もどんどん削られて、
どんなに性格がいい子でも生かしておくことが出来ない と。

いつ譲渡されるかわからないですもんね。
その間にもどんどん保護されて入ってくるわけですし。


正直、職員の方は殺処分についても毎週行う業務のひとつで、
私達、部外者が感じる感覚より麻痺している部分もあると思います。

真っ当な神経ではやっていられないでしょうしね。

それでも、少なからずどの子達も抑留期間には自分達で世話をして、
面倒を見てきた子を、自らの手で殺すというのは、
言葉では言い表せない辛さだと思います。

まして、殺処分の業務は獣医師資格がある者しか行えません。

命を助けるためになったのであろう獣医なのに、
その手で、何百頭もの命を奪うという。



思うところはたくさんありました。

考えさせられる部分もたくさんあった。

でも単純に、

初めて行った私に、キラキラした目であんなまっすぐ親愛をぶつけてくれる子達を、
殺してしまってはいけないな と。

そんなことが当たり前な世の中にしてしまってはいけないな と。


難しいことはわからないし、
すぐに解決策もないけど、

どうにかして、もっと役所はこの事態を世間に広めて欲しいな。

猫の写真は載せないで下さい とか言ってないでさ。

決まりはわかるけど、もっと柔軟にやっていこうよ。


命かかってんだからさ!!








人目に触れたい!!
↓ポチお願いします↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
テーマ:里親探し
ジャンル:ペット
11月の譲渡会
2014年10月28日 (火) | 編集 |

今月の定期譲渡会


11月16日(日)

13:00~15:00

二ツ寺公民館にて
住所:あま市二つ寺屋敷72




二ツ寺公民館地図




ナビでお越しの方は052-444-1033(伊東医院)を入れて下さい。
会場はその北側です。
会場前もしくは伊東医院さんの駐車場にも駐車可能なので、
ぜひ、ご家族でお越し下さい。



子猫、成猫参加します。



縮きじその後2


縮長毛鈴木②


ミーシャ


縮エリザベス


※参加猫は体調により変更します。





これから一緒に生活をしていく家族探しです。

直接触れ合って、保護主から猫の性格なども詳しく聞いてゆっくり決めてください。

すべて『ご縁』です。


先住猫との相性、家族との相性などは実際に生活してみないとわからないと思います。

ご心配な方は、お試し期間を設けていますので、お気軽にスタッフまでお尋ねください。







人の目に触れたい!!
↓ポチお願いします↓

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村






テーマ:里親探し
ジャンル:ペット
cafe flour - かふぇふらわー -
2014年10月28日 (火) | 編集 |



長久手までランチに行って来ました。



縮フラワー看板




『cafe flour』



並ぶよ~ 並ぶよ~

と言われていたので、オープンから入ったら大丈夫だろうと、
開店10分前に到着。



すでに超絶並んでた。


大 盛 況 でございます。

名前を書いてしばし待つ。

その間にも続々とお客さんが来店。

盛況店はそのさばき方も慣れたもので、
名前を書いて待ち、全員が揃わないと席に案内してもらえません。

つまり、

「先に待っとくね」

スタイルは出来ない。


なので、遅刻厳禁&連帯責任です(笑)

しかも、11時キッカリからしか案内してもらえません。

徹底しておられます。


しかも、私達が名前を呼ばれるのを待ってる間、
すでに1巡目が満席になり、
「1時間か2時間ほどお待ち頂きますが宜しいでしょうか」
と言われてるお客さんもいらっしゃいました。


まだオープン前でっせ!!


こんな繁盛店あるんやな~ とあっけにとられていたら、
お席に案内していただきました。




まず、入り口正面にドーーーンとケーキのショーケースがあります。

フラワーケーキ

どれもめっちゃ美味しそうだった。

しかも、どれも高さがかなりあって大きいです。



3種類のパスタから選べる「パスタランチ」 で、
鶏つくねと三つ葉と冬瓜のオイル しょうが風味 をお願いしました。

パスタにサラダ、パン(黒ゴマで4口くらい分の)、
本日のデザート(ショーケースのケーキ)、お飲み物 が付いて ¥1450 。

パスタの大盛り(120g)にも無料で変更可ですって♪


ランチ



本日のケーキ。

美味しそうなのがいっぱいあって、めっちゃ悩みます。

でも私は事前にHPで決めてきました。

「モンブランを食べるぞ!!」と。



実はモンブラン好きじゃないんですけどね(笑)

でも、自分では絶対買わないから。

こういう所へ来ないと食べる機会ないかな って。


それを一緒に行った子に言ったら、
「そんな気合いいらないでしょ!!」
と笑われましたが、

シーズンですしね。



中津川モンブラン


中津川モンブラン頂きました。


感想は・・・

「うん、モンブラン」

って感じでした(笑)



そもそも、何十年ぶりとかに食べたから、
基準がわからない(笑)


でも、栗のケーキだけで3種類くらいあって、
カボチャや色々。
すっごく迷いますよ。

テイクアウトも出来るみたいです。




平日も週末も基本混むようなので、
待つのが苦にならない方はオススメです☆


ちなみに・・・

パスタはニンニクがかなり使われています。

帰りの車内のニンニク臭も超絶でした(笑)



お近くにお越しの際は、ぜひ☆



※写真はHPからお借りしています。






にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村








テーマ:里親探し
ジャンル:ペット
リトルパウエイドさんの譲渡会
2014年10月19日 (日) | 編集 |


同じ活動をされている Little Paw Aidさん の譲渡会を見学させてもらいに行って来ました。




縮リトパ譲渡会



私がお手伝いをしている ねこネットあま はメンバーの9割があま市在住で、他は近隣がごくごく少数。

なので、割と顔の利く地元で譲渡会を開催することが多いのですが、

Little Paw Aid のメンバーの方は、名古屋市、三重県、岐阜県・・・と幅広いので、
譲渡会も色々なところで開催されています。

そして、フットワークがとても軽い。



私はこの活動に携わってまだ日が浅いので、
他の団体さんとの交流はおろか、譲渡会の様子など見たこともなく、
自分の会の情報や方法が全てでした。

でも、縁あって交流が持て、とても勉強になります。


どういう頭の構造か理解できませんが、
譲渡詐欺や虐待などをする人間が、
相も変わらず、ホントに身近にいます。


そういった情報の共有も、
交流があるとスムーズに出来ますし、
例えば、里親になりたい方がみえても、
希望に沿った猫ちゃんが自分の団体にいなかった場合、
もしかしたら他団体に保護されてるかもしれませんよね。

そういった場合も、交流があれば紹介できるかもしれないし。

小さな命を守りたいと思う気持ちは、
団体関係なく、みんな同じなので・・・。





ここからは独り言。


ホントを言うと、
みんな可愛いんです。

白の子が良くても、
黒も茶トラもきじもサビもハチワレも、
可愛い子いっぱいいるんです。

尻尾まっすぐじゃなくても、
ちょっと人見知りでベタベタな子じゃなくても、

みんなそれぞれすっごく可愛いんです。



これから一緒に暮らす家族を探す上で、
自分の好みの柄、性格、月齢、性別 など、

希望があって当たり前。


ペットショップではなく、
里親になるという選択をして頂けたことに、
私は、心から感謝感謝です。



でも、少しだけ。

ほんの少しでいいので、その希望や理想を取っ払って、

『可哀相な境遇の猫たちの命を救う』

ということに目を向けてもらえませんか。




情だけでは生き物は飼えません。

命を預かるには、
お金も時間も手間もかかります。


だから、例えその譲渡会で決まらなかったら保健所行きの子でも、
リリースして明日事故で亡くなってしまうリスクがある子でも、
こちらから、来場者の情に訴えて、
押し付けのように飼ってもらうということはしたくないし、しません。

そんなことしても、誰も幸せにはならないから。

それは私達の望む形ではないから。



でも、譲渡会に出ている子の中には、
それぐらいギリギリで繋がっている命も在るということを知って欲しい。


それが野良猫の現実なんです。


子猫は無条件で可愛い。

でも、成猫には成猫の可愛さもたくさんありますよ。



子猫希望だから成猫は見ない・・・ではなく、

星の数ほどいる人間と猫の中から、
同じ空間を共に過ごせた『ご縁』と思って、
それぞれの猫たちと向き合って、
色々なことを感じてください。



子猫を見に来たけど、
この大きい猫ちゃんを迎えたいなって思います。
一目ぼれなんです。



私達にとって、この上ない喜びです。

心からその猫ちゃんに「よかったね!!」と。
「幸せになるんだよ!!」と。

抱きしめて言いたいぐらい。猫には迷惑行為でしょうが。



こうゆうのって、
猫ちゃん以上に、私達が本っっ当に幸せな気持ちになります。

保護して良かった
待って良かった と。






殺処分というのは、人間として生まれた私達にとってはどこか身近なものではないかもしれませんが、
子猫の殺処分が圧倒的に多いのが現状です。


まだ片手に乗るような子が、

この世に生まれてたった何ヶ月の子が、

苦しみながら『殺』されて『処分』されるんです。



それをやっているのが、私達人間っていう現実。

表現できない辛さです。



1頭でもいい。

見るだけでもいい。

ご都合つけば、
出来ればご都合つけて、
譲渡会を覗いてみてください。








少しでも多くの方の目に触れることで救われる猫が増えるかもしれません。
↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村




テーマ:里親探し
ジャンル:ペット
陽だまり家fe  - ひだまりかふぇ -
2014年10月19日 (日) | 編集 |


時々寄らせてもらうお店。

譲渡会のチラシも貼らせてもらってます。




縮陽だまり7



あま市小橋方四ッ物443-2

052-441-4477

6:30~18:30



私はランチかお茶でしか利用させてもらったことはないですが、
ランチで ¥700~¥800 ぐらい。(飲み物つき)


ママさん(って言っても、全然若くて宝塚の男役にいそうな、ちょっとハスキーボイスでスレンダーな女性です)が猫好きということもあってか、店内は至る所に 猫、ねこ、ネコ・・・。



縮陽だまり8
            テーブルの上


縮陽だまり5
     テーブルの壁


他にも、本物と見間違えて二度見必至な置物ニャンコ(茶トラやシャム)、



縮陽だまり4
           お水のグラスまで。



お代わり用で置いてくれる水入れまでニャンコがいました。(撮り忘れたけど・・・)





縮陽だまり6
カプチーノ ならぬ ニャプチーノ
注意:注文はちゃんと「カプチーノ」と言ってください





トイレも ニャンコでいっぱーーーい だった。


縮陽だまり3


縮陽だまり2


縮陽だまり





お近くにお越しの際は、ぜひ。






ちょっと↓ポチって押してみてん。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村






テーマ:里親探し
ジャンル:ペット
猫飼いと犬飼い
2014年10月17日 (金) | 編集 |


そろそろ子猫の季節になります。




私は犬も猫も好きです。

犬は飼ったことありませんが、哺乳類はだいたい好き。

犬を飼ってる人も、猫を飼ってる人も、

情に厚い人なんだと思っています。

愛情深い人。





でもね、

獣医さんへ行くとよく思うの。

猫って、なんか、犬より下に見られがち・・・?


飼い主のマナーとして、
猫も犬も、病院へ行く時はキャリーに入れますよね。

可哀相と思うけど、
他の患者さんもいるし、
我慢してもらいます。


でも、犬って結構そのまま来ませんか?

大型犬なら分かります。

でもキャリーに入るような小型の子も、
飼い主さんは抱っこで来たり、
ヘタすりゃ椅子に座らせてます。

猫は割と肩身狭い感じを受けるのは、
私だけでしょうか。



あとね、

みんなではないけど、
犬を飼ってる人って、
猫を飼ってる人に否定的。


「あ~ 猫ね」

みたいな。

猫飼ってる人って、犬を飼ってる人にあんまりそういうのないと思うんですよね。


アレ何かな。

昔っから思ってた。

それを決定的に思ったのが、

前に、公共の施設に譲渡会のチラシを貼らせてもらいに行ったことがあって。

その時の職員さんたちの反応が、

「猫ねぇ~」
「ふーーーん」

って感じだった。


こっちはお願いをする立場だったから、
ちょっとイラッてしたけど、
「猫お嫌いですか?」
って聞いてみたら、

「猫ってさぁ、火事起こすじゃん。だからダメだわ」
って言われまして。

火事?と思って、
「コードかじるってことですか?」
と聞くと、
「コンセントや高いところでおしっことかするでしょ、猫って」
と。



待て待て。

それ『猫』ではなく『しつけ』の問題では?


そんな猫見たことないし。

むしろ猫のほうがキレイ好きだし、
トイレだって決まったところでするし、
人との共生はしやすいと思うんですが。


そこで聞いてみました。

「ワンちゃん飼ってみえるんですか?」

「うん。チワワ」


犬種まで聞いてねえわ。

おっと、失礼。つい本音が。



私がチラシを貼ってる後ろで、

「猫ね~」
「猫はな~」

と、ブツブツ言っていたみんながみんな犬飼いだった。



この人たちは、猫の何を知って「猫はな~」と言ってるんだろう。


猫も犬も、どっちもかわいいやん。


男女平等、ならぬ、犬猫平等。


どっちも一生懸命生きる命です。

健気で、かわいい、大切な命。








ポチお願いします。
 ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村




自治体:きじちゃん
2014年10月17日 (金) | 編集 |





縮愛西きじ


きじ

メス

1ヶ月ぐらい


長毛ちゃんと同じくTNR中の自治体で保護した子猫。
現在猫風邪が酷く、治療中。

治ったら可愛いお顔になりそうです。




猫風邪治って、こんなに可愛くなりました~~~


縮きじその後

縮きじその後2








縮愛西きじ②
     保護当時


幸運にも助かった命。

今度は幸せな『おウチ猫』になれますように・・・。





人目に触れたい!!
↓ポチお願いします↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





テーマ:里親募集
ジャンル:ペット
自治体:長毛ちゃん
2014年10月17日 (金) | 編集 |




縮長毛鈴木②



長毛

メス

1ヶ月ぐらい(400グラム弱)


現在、大掛かりなTNR(野良猫の去勢・避妊をして同じ場所にリリースすること。詳しくは→ さくら猫:TNRとは )のお手伝いをしている自治体で保護された子猫です。
台風以降、朝と夜は急激に冷え込んできたので、
保護されなければ消え行く命だったでしょう。




縮長毛鈴木



どの子もみんなそれぞれ可愛いけど、

この可愛さは罪だわ。。。



連絡先 → neko8aigo☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて送って下さい)





人目に触れたい!!
↓ポチお願いします↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





テーマ:里親募集
ジャンル:ペット
白茶くんときじちゃん
2014年10月15日 (水) | 編集 |

2頭一緒に正式譲渡!!


白茶君 改め 琥珀くん
キジちゃん 改め むぎちゃん


になりました~~。


里親さんから、

最初はビクビクして可哀相でしたが、今では小さな子供にも大人しく撫でさせてくれています。
本当に可愛い子達をありがとうございます。


私達は、里親さん達からこう言って貰えることが何よりも励みになり、
とても幸せな瞬間です。


うんと幸せな『おウチ猫』になるんだよーーーーーーーー




------------------------------








縮関白茶


白茶

オス

4ヶ月くらい


野良猫が産んだ兄弟の残りッ子。
保護した時は猫風邪が酷かったですが、
すっかりキレイになりました。







縮関きじ


きじ

メス

3ヶ月くらい


こちらも猫風邪治って、スクスク大きくなってます。
人見知りなので、現在修行中。。。







縮白茶きじ




まだまだ里親さん募集中です!!






人目に触れたい!!
↓ポチお願いします↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村



テーマ:里親募集
ジャンル:ペット
蓮花(れんげ)ちゃん
2014年10月15日 (水) | 編集 |





縮れんげ②


蓮花(れんげ)

メス

5ヶ月(小さめ)
母猫も小さいので、あまり大きくならないと思います。


人懐っこいけど、ビビリ。
美人さんです。





縮れんげ



よろしくお願いします。



連絡先 → neko8aigo☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて送って下さい)







人目に触れたい!!
↓ポチお願いします↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村






テーマ:里親募集
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。