里親さん募集中の猫たち。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高齢の里親希望の方をお断りする理由
2014年11月11日 (火) | 編集 |


【Yahooニュース から】


かつての2倍長生きするペット。
行き場なくし悲劇が次々発生。


老いた飼い主の死や健康問題によって、行き場がなくなってしまうペットが増えている。
関東地方のある自治体が運営する動物愛護センター職員は深刻な表情でこう打ち明ける。


「近年の動物愛護の意識の高まりもあり、犬や猫の殺処分の総件数は年々減っています。
しかし飼い主が先に亡くなったり、老人ホームに入って面倒を見られなくなったりしてこちらに送られてくるペットは後を絶ちません。
つい先日も、進行がんを患う80歳の女性が飼い犬を連れてやってきました。彼女は“15年一緒に暮らしてきたワンちゃんだけど、離れて住む子供たちは引き取ってくれない。この子を遺して死ぬわけにはいかない。せめて楽に死なせてあげてください”と涙ながらに訴えてきました。
本来であれば“もっと新しい飼い主を探す努力をしてください”と断わるべきところですが、その女性の事情を踏まえて引き受けました。犬はすべてを理解しているかのように、ずっと悲しげな表情を浮かべていましたね」

この犬はそれからまもなくして殺処分となった。


このように、「飼い主に先立たれたペット」の処遇が社会問題になっている。

内閣府の調査によれば、60~69歳の36.4%、70歳以上の24.1%が犬や猫など何らかのペットを飼っているという。
一方、65歳以上の単身高齢者の割合は増え続けている。
高齢者人口に占める1人暮らしの割合は1980年には10.7%だったが、2010年には24.2%になった。

1人暮らしの老人たちにとって、ペットがかけがえのない「家族」である実態がうかがえる。


しかし必ずしも看取る側が人間であるとは限らない。
今やペットとして飼われる犬の平均寿命は14歳2か月まで延びている。
猫も13歳8か月となっている(いずれも2013年調査)。
生活環境やペットフードの進化などにより、かつての2倍近く長生きするようになったのだ。

だからこそ、冒頭で紹介したような悲劇が次々と起こっている。
四国地方の地方紙記者は、こんな事件に出会った。


「田舎のアパートで1人暮らしをしていた85歳女性の孤独死を取材しました。郵便受けからあふれる郵便物や、漂ってくる異臭に隣人が気づいて発見されたのですが、部屋の中では腐敗しかけた女性の遺体の傍にガリガリにやせ細ったペットの犬が横たわっていた。犬はなんとか一命を取り留めましたが、もし数日発見が遅れていたら手遅れだったそうです。飼い主の死後も、ずっと寄り添っていたんでしょう」




------------------------------



私達は譲渡の際、高齢の里親希望の方には、
ご自身にもしも何かあった時、引き続き飼育可能な方がいるかどうかを確認します。


子供も手が離れ、自分達だけののんびりした生活の中で、
動物が好きな人なら、大好きな猫と老後を穏やかに暮らしたい と思う気持ち、とてもよくわかります。

でも、命を託す側として、
私達はその気持ちだけではお渡しは出来ません。


個人的には、
猫の性質を考えると、小さな子供がいる家庭より、
穏やかな老夫婦の家庭の方が、猫にとっては穏やかに過ごせる良い環境なのではないかと思う。


年を重ねて、ようやくのんびり過ごせる余生を、猫と共に送れたら・・・。

ただただ毎日生きているのではなく、
コロコロと動く可愛い猫の姿を見ながら過ごせたら・・・。

幸せですよ。

そりゃそうですよ。

飼いたいですよ。

めっちゃ可愛がってくれますよ。



でも。

それでも、後見のない方にはお渡しできないんです。

自分達が生きてる間だけ可愛がれれば良いなんて、きっとそういう方は思いません。



『安楽死』なんてのは、人間が勝手につけただけです。

人間が勝手にそう思ってるだけ。

実際は苦しみながら殺されていくんです。

殺される『死』に安らかで楽しいことなんてあると思いますか?


小さな命を救いたい。

目の前にはとても穏やかそうな老夫婦の方が、里親の希望をしてくれている。

きっとこのおウチの子になれば、穏やかな時間の中でこのニャンコは幸せになれるだろう。


それでも、それでも、

私達は断らなければいけない時があります。



自己満足と言われるかもしれません。

お断りするのは、私達も本当に心が痛い。

でも、

それが飼い主を亡くして行き場をなくす孤猫を出さない、
私達に出来る、唯一の方法なんです。



高齢の親御さんをお持ちのご家族の方。

もし、親御さんから「里親になりたいけど、後見がいないとダメだから、もし何かあったら時は頼めないか?」と相談されたら、
少しだけ、ほんの少しだけで良いので、
前向きに相談に乗ってあげてはもらえませんか。


猫も犬も、
決して私達の生活に必要不可欠な存在ではありません。

いなくてもご飯は食べられるし、呼吸も出来るし、生きられます。

でも、彼らは私達の生活を、親御さんの生活を、
とても彩り豊かにしてくれます。

寝顔に癒され、
ご飯を食べている姿に元気をもらい、
遊んでいる姿に自然と笑顔になります。

体温を感じて温もりを知り、
ゴロゴロと鳴る喉の音にたくさんの愛をもらいます。


お金も、時間も、労力もかかるけど、
それに勝る幸せを感じることが出来ます。


猫は犬と違って、気ままで勝手な生き物って思われますが、

逆に誰でもウエルカムな犬と違って、
心許した相手にしか見せないゴロニャンな姿が見れた時の喜び!!


たまりません!!






飼い主さんの毎日も、
猫たちの毎日も、
彩り豊かに輝いた日々でありますように。






人目に触れたい!!
↓ポチお願いします↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村










スポンサーサイト
テーマ:里親探し
ジャンル:ペット
猫飼いと犬飼い
2014年10月17日 (金) | 編集 |


そろそろ子猫の季節になります。




私は犬も猫も好きです。

犬は飼ったことありませんが、哺乳類はだいたい好き。

犬を飼ってる人も、猫を飼ってる人も、

情に厚い人なんだと思っています。

愛情深い人。





でもね、

獣医さんへ行くとよく思うの。

猫って、なんか、犬より下に見られがち・・・?


飼い主のマナーとして、
猫も犬も、病院へ行く時はキャリーに入れますよね。

可哀相と思うけど、
他の患者さんもいるし、
我慢してもらいます。


でも、犬って結構そのまま来ませんか?

大型犬なら分かります。

でもキャリーに入るような小型の子も、
飼い主さんは抱っこで来たり、
ヘタすりゃ椅子に座らせてます。

猫は割と肩身狭い感じを受けるのは、
私だけでしょうか。



あとね、

みんなではないけど、
犬を飼ってる人って、
猫を飼ってる人に否定的。


「あ~ 猫ね」

みたいな。

猫飼ってる人って、犬を飼ってる人にあんまりそういうのないと思うんですよね。


アレ何かな。

昔っから思ってた。

それを決定的に思ったのが、

前に、公共の施設に譲渡会のチラシを貼らせてもらいに行ったことがあって。

その時の職員さんたちの反応が、

「猫ねぇ~」
「ふーーーん」

って感じだった。


こっちはお願いをする立場だったから、
ちょっとイラッてしたけど、
「猫お嫌いですか?」
って聞いてみたら、

「猫ってさぁ、火事起こすじゃん。だからダメだわ」
って言われまして。

火事?と思って、
「コードかじるってことですか?」
と聞くと、
「コンセントや高いところでおしっことかするでしょ、猫って」
と。



待て待て。

それ『猫』ではなく『しつけ』の問題では?


そんな猫見たことないし。

むしろ猫のほうがキレイ好きだし、
トイレだって決まったところでするし、
人との共生はしやすいと思うんですが。


そこで聞いてみました。

「ワンちゃん飼ってみえるんですか?」

「うん。チワワ」


犬種まで聞いてねえわ。

おっと、失礼。つい本音が。



私がチラシを貼ってる後ろで、

「猫ね~」
「猫はな~」

と、ブツブツ言っていたみんながみんな犬飼いだった。



この人たちは、猫の何を知って「猫はな~」と言ってるんだろう。


猫も犬も、どっちもかわいいやん。


男女平等、ならぬ、犬猫平等。


どっちも一生懸命生きる命です。

健気で、かわいい、大切な命。








ポチお願いします。
 ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村




動物を飼うということ。
2014年07月06日 (日) | 編集 |


私は昨年の夏、初めて飼った愛猫を亡くしました。

12歳でした。




もう永くないとわかった時、
ただただ苦しまず、
穏やかに、安らかに逝って欲しいとだけ心から願ったけど、
その願いは届かず、何度もひきつけを起こし、
痙攣しながら苦しんで旅立ちました。


私にもっと知識があったら、
私にもっと経験があったら、
私がもっとしっかりした飼い主だったら、

彼女は安らかに逝けたんだろうか。


闘病中、荒い息で横たわる彼女を見ていて、
すぐそばに、一番近くにいるのに、12年も一緒だったのに、
私は彼女の気持ちがわからなかった。


食事も水ももう自力で口にする事が出来ず、
みるみる痩せていき、歩くことも出来なくなり、
朝晩と病院へ行って注射をしてもらう。

そして薬が切れるとまた苦しそうなので、病院へ走る。

いつまで続くんだろう。

私は少しでも彼女が苦しまないように病院へ走るけど、
結局また苦しい時間が来て、それを何度も繰り返す。

これは彼女が望んでいる事なのか?
私が彼女を苦しめてるんじゃないのか?

結局最期まで私には彼女の想いがわからなかった。

痙攣して、苦しんでいる彼女に、
私はただただ泣きながら名前を呼ぶことしか出来なかった。


私はあんなにたくさんの幸せをもらったのに。

楽しい時も、辛い時も、ずっと一緒だったのに。


リンゴは私と居て幸せだったんだろうか。







生き物を飼うという事は命を預かるという事。

それには当然お金がかかり、労力もいる。

飼い主として、最期を看取るという事はとても辛いけれど、
幸せなことなのかもしれない。

共に生きた大切な家族の、最後の姿を見守ること。

きちんと送り出してあげること。



私は最期まで命に責任を持つということを彼女から学び、
彼女の死を以って、本当の飼い主になれたような気がします。






にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村






野良猫と飼い猫。
2014年06月22日 (日) | 編集 |


我が家には2匹の猫がいます。

1匹は1歳半ぐらいの時に、実家の裏庭に住みついていたのを去勢して家に迎え、
『ザボン』と名付けました。

もう1匹は、昨年亡くした子の面影をインターネットで探していた頃、
『里親』という選択肢を知り、それをキッカケに保護団体の方とも知り合い、
私達にも救える命があるなら・・・・と、今年の1月我が家に迎え、
『あんず』と名付けました。


このご縁で、今保護活動のお手伝いをしています。




ザボンを家に上げる時、私はかなり迷いました。

長毛で、とても人懐っこく、
母の話だとある時から急に居付くようになった とのことだったので、
迷子か捨てられたか だと思い、
張り紙もしましたが、結局飼い主は現れず。


外の広い世界を知っている彼にとって、
狭い家に閉じ込められ、人に飼われる事は果たして幸せなんだろうか。

一応彼に問うたら「ニャーーン」と言ったので、
「了承」と受け取り、その日から『我が家猫』となりました。


あれから8年。


今でも、窓の縁に座りワクワクした目で外を見る彼の後姿を見ると、
私がした選択は、正しかったのかと自問自答します。


外で駆け回りたかったんじゃないかな。

その自由を私が奪ってしまったんじゃないかな。



でも、道路で轢かれている猫たちを見るたびに、
「私の選択は正しかったんだ」
と思うようになりました。





飼い猫と野良猫。
何が違うのでしょうか。

ひとつ道が違えば、今屋根のある所でご飯の心配もなく穏やかに暮らしている子が道で轢かれていた可能性があり、
今ひもじくてゴミを漁っている子が優しい家族からたくさんの愛情を一心に受けていた可能性がある。


我が家にいる猫たちだって例外ではありません。
保護しなければ、どこかの道で死んでいたかもしれない。


道で横たわる子を見るたびに、「うちの子たちと何が違ったんだろう」といつも心が痛みます。


保護活動をお手伝いするようになって、
まだ目も開かないような子猫を平気で捨てる人や、
自分の勝手な都合で捨てる人、無責任に放置する人や虐待する人。

私は携わってまだ日は浅いですが、
身勝手な人間の都合で消えてしまう命が多い事と、
小さくても同じ命なのに、人間の勝手な行動でその命が消されてしまう悲しさや憤りを、
とても強く感じています。


人間の手で左右できる命なら、私は『死』ではなく『生』の方へ導きたい。

身勝手な人間もたくさんいる中、
身寄りのない猫たちを優しいまなざしで見つめ、
たくさんの愛情で包み、
家族として迎えてくれる温かい方々を、
私は譲渡会でたくさん見てきました。


その幸せを掴めるのは、ほんのひと握りです。
人知れず消えていく命の方が多いでしょう。

それでも、わずかばかりでも私が何か行動を起こす事で、
それが1匹でも多くの猫たちの幸せに繋がるなら、
出来る限りの方法で形にしていきたいと思います。


猫も犬も、人間と同じひとつの命です。

でも、その命は人間が守ってやらねば消えてしまいます。



偽善上等。
自己満足上等。

思う人は勝手に思えばいい。

たとえ少数でも、わかる人にきちんと伝われば十分なんです。






応援よろしくお願いします。
  ↓  ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。